あこがれのエゾリス

カタクリとエゾエンゴサクが咲く中にエゾリスがピョコんと顔を出す写真。
みなさん見たことがありますよね。
そういう写真が撮りたくて、エゾリスが出ると言う神社へ、夜明け前に向かいました。

午前3時30分あいの里出発、現地到着4時30分すぎ
すでに数名のカメラマンがりっぱな三脚を立てて狙っていました。

その並びに入れてもらい、寒い中、じっとリスを待ちました。
残念ながらカタクリはもうピークを過ぎてしなびています。

5時30分ごろ、みんなに緊張が走ります。
狙っていた方向とは逆の森にリスが登場。木の上を渡り歩きます。
あわてて三脚からカメラをはずし、手持ちで狙います。

いたいた。  でもまだ暗いのできれいに撮れません。
f0005309_16562275.jpg
( PENTAX *ist-D Tokina 75-300mm F4.5-5.6 / urausu )


降りてきました。わくわく。。。
f0005309_16581552.jpg
( PENTAX *ist-D Tokina 75-300mm F4.5-5.6 / urausu )


さあ、カタクリの中へ。。。。。。


あれっ  なんだこれ?
f0005309_1772631.jpg
( PENTAX *ist-D Tokina 75-300mm F4.5-5.6 / urausu )

カタクリの中に、何か 毛むくじゃらのものが。。。。。。やってしまった(涙)

あっという間にカタクリの中を駆け抜けて森へ帰ってしまいました。
その後、8時近くまで、寒さに震えながら、ひたすら しなびたカタクリを眺め続ける時間が続きました。
結局現れたのはこの一回だけ。
惨敗です。午前8時に諦めて帰って来ました。

唯一 リスの顔がちょっと見えるのがこの一枚。結局6時間くらいかけてこれ一枚です。
f0005309_1774447.jpg
( PENTAX *ist-D Tokina 75-300mm F4.5-5.6 / urausu )

カタクリもしなびているし、また来年の楽しみですね。
[PR]
by i_nosato01 | 2006-05-13 17:20 | 自然
<< 札幌の母の日、カーネーションで... あいの里の「桜」と「キタコブシ」 >>